HOME > 畑法律事務所からのお知らせ

畑法律事務所からのお知らせ

岐阜県 借地・借家等の不動産問題でお悩みの方へ

不動産売買に関するトラブル、不動産賃貸に関するトラブル、不動産管理に関するトラブルなど、不動産に関してトラブルが生じた場合、まずは法律相談により問題の所在を明らかにし、いかなる方策をとるべきか、費用を踏まえて検討します。必要に応じて内容証明の作成、交渉、さらに調停や訴訟などを行います。

借地・借家に関する紛争について、基本的に理解しておかなければならないことは、「借り手」の方が立場が強い、ということです。借主からの相談では当然ですが、地主や家主の立場からのご相談においても、根本的にこの点を理解していただき、その上で対処の方法を考えて行きます。

いずれにしても、ご相談が早ければ早いほど、解決の選択肢は多くなると言えます。
スムーズな問題解決をするためにも、借地・借家問題等の不動産問題でお悩みでしたら、是非当事務所までご相談下さい。

お盆休みのご連絡

1 金融円滑化法終了への対応として,事業の再生支援が求められているところでありますが,
  各関連機関と調整を図りつつ,法的な支援を行える体制を整えております。
  お気軽にご相談下さい。

2 日本人の平均寿命が延びたことは,好ましいことではありますが,
  高齢社会を迎え,今後,相続を巡る紛争も多くなるのではないかと考えられます。
  相続等でお悩みの方は,お気軽にご相談下さい。

3 当事務所は,8月12日(火)まで,通常業務を行い,
  8月13日(水)から8月15日(金)までお休みを頂き,
  8月18日(月)より,通常業務を開始致します。
  
  酷暑の中,皆様,お身体をお大事にして下さい。




岐阜県 医療過誤のご相談

医療事故とは、およそ医療に関わりのある場所で、
患者側に損害を生ずるような一切の事故を指します。

医療過誤とは主として、いわゆる医療行為において
医師側に過失があり、法的責任が生ずると見られる場合をいいます。
説明義務が尽くされていない、医師の診療ミス、診断ミス、
手術ミス、看護師その他医療スタッフとの連携ミスなどがそうです。

特に・・・

    手術前の説明が不十分のまま手術されてしまった
    病気の治療に関して、診断ミスの可能性を感じる
    事前説明とは違う処置後の結果となり、納得ができない
    医師の手技上のミスがあり、後遺症が残った
    他の手当てがあったのではないか

上記のような医療過誤でお悩みの方は、当事務所に一度ご相談下さい。
医療過誤は、高度な専門知識を必要とするため非常に難しい事案の一つですが、
当事務所は医療過誤で苦しむ被害者を第一と考え全力を尽くし法律支援いたします。 

ゴールデンウィークの営業日のお知らせ

当事務所の営業日はカレンダーどおりであり,

土日祝日以外は午前9時00分から午後6時00分までは電話が繋がります。

何かありましたらご連絡下さい。

弁護士が不在の時は,ご伝言頂くか,後で折り返しご連絡させて頂きます。

何卒よろしくお願いします。

岐阜県内交通事故 加害者や保険会社との交渉サポート

加害者や保険会社との交渉に困っていませんか!?
納得のいく示談金・損害賠償請求をサポートします。


損害保険会社にとって都合のよい金額を提示していることもあります。
交通事故における、後遺障害による損害や死亡による損害は、適正に賠償されるべきものです。

あくまでも社会通念上、適正かつ妥当かどうかという観点がついて回りますので、被害者の方の請求額が全て認められるものではありません。

しかし損害保険の発展した現在においては、事実上、示談交渉は被害者と損害保険会社の間で行われており、被害者に対して不当に低い賠償金額が提示されているのも実情です。

当事務所では、交通事故に関する 慰謝料 ・ 損害賠償 ・ 後遺障害 ・ 示談などお客様に代わって、専門家として親身に対応させていただきます。
必要に応じて、訴訟・調停手続きにおける代理等も行います。弁護士が手続きを代理することにより、迅速に適正かつ妥当な賠償金での解決を導きます。

<<前のページへ12345678910

アーカイブ

このページのトップへ