HOME > 業務内容 > 企業法務

業務内容

企業法務

houmu_001.jpg

企業法務でお悩みの方へ

コンプライアンス(法令遵守)に従った経営が求められており、
これを軽視すると、結果的に損失が生じる場合があります。

争解決業務出のノウハウを基礎としつつ、
企業活動を行う上で日々発生する日常的な事項に関する
法律的アドバイス、企業の予防法務的リスクマネジメントに対する
法的アドバイスを行っております。

また、顧問弁護士契約、戦略的経営面、契約書作成・チェック、
人事・労務など法務分野全般へのアドバイスに至るまで多岐にわたる問題の対処を行っています。

なお当事務所は、より適切なアドバイスを行うために、依頼者である企業の特色、事案ごとの最終目標が何であるかを
的確に把握し依頼者にとってより良い選択ができるようアドバイス提供を心がけております。


お問い合わせ 058-262-8881 メールからはこちら

顧問弁護士をお探しの方へ

顧問弁護士とは、弁護士があなたの顧問になる契約です。
顧問弁護士を持つことによって、「弁護士に、いつでも、気軽に、アドバイスを求めることのできる関係」を
築くことができます。

また、弁護士に対する法律相談は、来所が原則的形態ですが、顧問契約を締結することによって、多くの場合、
顧問契約で定めた一定の時間内であれば、メール、電話、FAXといった方法により、
気軽に弁護士に相談可能ですので紛争トラブルの早期解決に役立ちます。

経営アドバイスでお悩みの方へ

経営には、様々なリスクや問題、トラブルがついて回るものです。
しかし、このようなリスクに対応するため法務部門を整備するには、多額の資金と時間が必要です。
だからこそ御社の内情をよく理解し、電話やメールで気軽に相談できる顧問弁護士に法的アドバイスをうけることで、
会社に法務部門を持つのと同様に、事前にトラブルを防止することができます。
企業を取り巻く法的環境は複雑になるばかりです。
法的な経営アドバイスでお悩み方は、ぜひ当事務所にご相談下さい。

契約書作成でお悩みの方へ

契約書はトラブル予防の基本であり、企業経営の観点からもとても重要なものです。
しかし、実際には契約書を作っていないというケースは少なくありません。
また、契約書はあっても、内容が不十分でかえってトラブルの原因になってしまうこともあります。
契約書を作成するときは、将来起こりうる事態をすべて想定して、その対策を盛り込まなければいけません。
様々なトラブルを解決している弁護士がその経験を生かして契約書チェック・作成することにより、
トラブルを予防致します。

人事・労務でお悩みの方へ

昨今、人事・労務に関するトラブルが急増しています。
人事労務に関するトラブルは、就業規則や評価・報酬等における労使相互の認識不足など、
小さな「ボタンの掛け違い」が原因となっていることが少なくありません。
顕在化する前の予防策、問題が顕在化した後、さらには万一訴訟に発展してしまった状況に対しても、
当事務所が問題点を根源から明らかにし解決対処いたします。

紛争・トラブル解決でお悩みの方へ

経営者の方が紛争に巻き込まれた際に初めて弁護士に相談するというあり方が一般的でした。
しかし、昨今の社会状況、経済状況の大きな変動の中で、紛争に巻き込まれなくても予め企業を防衛するために法律を利用しなければならない場合も増えてまいりました。 例えば、価格設定、代金の支払方法、知的財産権の確保など。

また、営業秘密としていたが、退職した従業員に貴重な情報を持っていかれてしまう事例、
経営者の世代交代による事業承継の問題、法律が問題となる場面は様々です。
当事務所は、このような経営者の方のお悩みのより良い支援をさせて頂きます。


このページのトップへ