HOME > 業務内容 > 不動産問題

業務内容

不動産問題

不動産問題
不動産取引の内容は非常に複雑化し問題も深刻化しています。

重要な資産である不動産を安心して確実に取引するためには、
あらかじめトラブルの内容、原因を予想して、十分なトラブル予防をすることが大変重要となります。

例えば・・・
  • 「当事者間のトラブル」
  • 「買った不動産に担保がついたままだった等の目的不動産そのもののトラブル」
  • 「買った土地には建築禁止等の規制があった等の目的不動産の権利のトラブル」
  • 「虚偽の説明を受けた等の取引行為上のトラブル」
  • 「売買代金を払ってもらえない等の取引の履行・不履行のトラブル」
など非常に多岐に渡ります。

トラブルを回避するためには、事前の予防が最も大事になります。
不動産取引の前に事実関係の調査に加え法律関係の調査し契約書を作成することがとても重要です。また、トラブル発生後でも当事者の希望や法律にしたがった素早い対処をすることで、事態の悪化を防ぐことに繋がります。


借地・借家等の不動産問題でお悩みの方へ

不動産売買に関するトラブル、不動産賃貸に関するトラブル、不動産管理に関するトラブルなど、不動産に関してトラブルが生じた場合、まずは法律相談により問題の所在を明らかにし、いかなる方策をとるべきか、費用を踏まえて検討します。必要に応じて内容証明の作成、交渉、さらに調停や訴訟などを行います。

借地・借家に関する紛争について、基本的に理解しておかなければならないことは、「借り手」の方が立場が強い、ということです。借主からの相談では当然ですが、地主や家主の立場からのご相談においても、根本的にこの点を理解していただき、その上で対処の方法を考えて行きます。

いずれにしても、ご相談が早ければ早いほど、解決の選択肢は多くなると言えます。
スムーズな問題解決をするためにも、借地・借家問題等の不動産問題でお悩みでしたら、是非当事務所までご相談下さい。

建築紛争でお悩みの方へ

建築紛争は、施主・施工者設計・監理者などが関わる紛争です。
内容によって、いずれの立場の代理人になるかは異なりますが、当事務所はいずれの立場の方からもご依頼を受け、代理人となり交渉、訴訟を遂行しております。

耐震偽装問題、悪質リフォーム、欠陥住宅、シックハウス、地盤沈下、中高層建築物建設に関するトラブル(日照、騒音、風害、工事協定)、設計報酬に関するトラブル、請負代金に関するトラブルなども取り扱っています。


お問い合わせ 058-262-8881 メールからはこちら

このページのトップへ